阪和ホーロー株式会社

ホーロー加工とその特徴

一般鋼板ホーロー

ホーロー用鋼板の用途に適した釉薬を塗布し高温(約800度)で焼成。
一回焼成及び二回焼成仕上がりで、目的用途に応じ加工される。

一回施釉焼成(直接一回掛け)

カラーホーロー用釉薬を直接前処理済み鋼板に施釉焼成するもので前処理がポイント。

長所:一回焼成で仕上がるためコスト面で優位であり、膜厚の薄い分耐変形性に優れる
短所:使用できる銅板は、琺瑯用鋼板一回掛け用に限定される

グランドコート一回施釉焼成

グランドコート釉薬を前処理済み鋼板に施釉焼成し、仕上げ釉薬を掛けず仕上がりとする。

長所:低コスト。濃い黒、グレー、茶、ブルー色に適する。また耐熱性、耐熱衝撃性に優れる
短所:耐酸性に欠ける

二回掛け施釉焼成

広く一般的に行なわれているホーローである。前処理済み鋼板にグランドコートを施釉焼成した後、カバーコートを施釉焼成して仕上がりとする。

長所:カラー対応が安易で、装飾や機能性に優れ、機器表装・器物に適合している。
   (耐酸性、耐アルカリ、耐食性、対薬品性、他に優れている。また機器器物に適合する耐熱性、耐熱衝撃性を    有する)
短所:一回掛け施釉焼成品に比べ、コスト面で劣る。

耐酸ホーロー

ホーロー用鋼板に目的に合った耐酸釉薬をグランドコート上または直接鋼板上に塗布し高温(約800度前後)で焼成、目的用途に応じ加工される。

耐酸性仕様を目的として造られた釉薬で加工方法は一般ホーローと同じ

長所:耐酸性は基よりピンホールなどの欠点が出にくい
短所:ブルー色に限定される(顔料添加で若干黒くできる程度)無理な着色は耐酸性を阻害する。

耐熱ホーロー

ホーロー用鋼板に直接一回で仕上がる耐熱釉薬を使用する。密着を落とさず特殊な添加物配合により耐熱性を向上されており、ガス器具やグリル、オーブンなど高温にさらされる部材に使用される。

耐熱性仕様を目的として造られた釉薬で加工方法はグランドコートと同じ
長所:耐熱性、耐熱衝撃性に優れている(約300度〜約550度)
短所:光沢や肌があまり良くない(マツト肌) 耐酸性が劣る

鋳鉄ホーロー

基本的には鋼板ホーローと異なる点は素地の前処理である。詳しい加工方法については、ノーハウ性が高いため記載不可。

長所:熱伝導性が高い 保温性に優れている。
短所:重い(近年軽量化が進められている)

ステンレスホーロー

鋼板の変わりにステンレス材の上にステンレスに適した釉薬を施釉焼成するものである。ステンレスの上に釉薬を焼付けることは大変困難である(焼成による酸化膜がすくないため密着しづらい)ステンレスの前処理は基本的には材料表面をブラストして密着を得る。なお材質によってはホーローそのものが出来ない場合がある。

長所:ホーロー面がきれい(ピンホールや毛穴が出ない)理化学機器や対電圧にも優れている
短所:密着性が弱い

アルミホーロー

アルミホーローは材質の特性上、ごく低温で焼成する。焼成温度は500度〜550度程度で、釉薬は専用の低温釉薬である。

長所:素材が軽く低温で焼成可能。
短所:ホーロー膜が軟らかくキズが入りやすく、片面外面ホーローしかできない(器物)

グラスライニング

非常に厳しい腐食環境から素地金属を保護する技術。優れた耐酸性を有する上薬を厚くライニングする。
金属とガラスという異なる二つの材料を複合させ、金属の表面改質を狙った材料で、その歴史は琺瑯の誕生であり、金属同士を複合させたクラッド鋼よりも古く、工業的に用いられる複合材料の中では最古。他の防食を目的とした材料に比べ、各種腐食環境に対し優れた耐食性を発揮し、経済的であるため現在も広く用いられる。

グラスライニングと琺瑯の比較
  グラスライニング 琺瑯
用途 反応機等の化学工業用機器、
醸造用タンクなど
各種琺瑯製品部品
素地金属 厚肉の鋼、鋳鉄、
鋳鋼、ステンレス鋼
薄肉の鋼、鋳鉄、鋳鋼、
アルミニウム、鋼合金
主に要求される性能 高耐食性(特に耐酸性) 美観、清潔性、耐候性
グラスの平均厚み(mm) 1.2〜1.5 0.1〜0.3
検査方法 高電圧ピンホール検査・目視検査 目視検査
JIS規格 JIS R4301